〜野菜パンとは〜

野菜パンをはじめてつくったのは、
まだパン屋をオープンする前のことです。

子どもがまだ2歳の時に、
自宅に遊びにきた、
野菜がちょっと苦手な小さな女の子のために

かぼちゃのクリームパンと、
ほうれん草のクリームパンを、

小さなお皿に乗せてあげました。

女の子は、2つともペロリと食べてしまいました。

その子のお母さんは言いました。

「ほうれん草は絶対苦手なのに、食べちゃった!」

この言葉を聞いた時、
まだパン職人として修行中だった
店主の野田敬一は、
野菜パンの店をオープンさせることを
決心しました。

================================

山梨県韮崎市にあるわが家の周囲には、
たくさんの農家さんが美味しい野菜を栽培しています。

四方は一流の山に囲まれています。
東は茅ヶ岳。
西は南アルプス。
北は八ヶ岳。
そして、南に富士山が見えます。

標高約400メートルのここ韮崎から、
2000メートルを超えていく山々を眺めると、
清らかな水の流れと、
澄んだ空気の源である森林が
財産であることを実感します。

この財産を生かし、
継続して守っていくためにも、
地域でつくられる野菜をできるだけ使ったパン。
それが、野菜パンです。

私たちがつくる野菜パンは、
小さな子どもでも食べやすいように
生地やクリームに練り込むことが多いです。

例えば食パン。
毎日食べる方も多いと思いますが、
ほうれん草の食パンだったら、
同じ朝のトーストでも、
ほうれん草の栄養価がプラスされているのです。

歯や顎(あご)が元気な人のためには
野菜のフランスパンやカンパーニュなどもございます。

ルールは1つ。

野菜が本来もつ色と味を、そのまま生かします。
着色料・保存料・香料は一切使用していません。
野菜は時期によっては、
色の濃淡や
味の変化があります。
私たちはそれを楽しみながら

野菜パンをつくっています。

  • 野菜パン ド・ドウ フェイスブック
  • 野菜パン ド・ドウ ブログ